2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
もと連れから電話が。
 
 いきなり笑い声・・・宝くじでも当たっておかしくなったのか?もし
そうだったら、茶目太にもすこし・・・。

 もと連れ、暇だったのか、このブログのいくつか前のブログ「茶目太
のセミヌード」を見たそうな。(まだ茶目太を愛しているのか?)

 で、茶目太の代わりにセミヌードになっている『ひなちゃん』の写真
が本当にお前にそっくりと大笑いしながら電話してきたのであった。

 はて、もと連れは茶目太の幼少の頃は新潟の田んぼでころころし
ていたはず。あ~写真を見ていたんだね。

 そういえば、茶目太の父親はカメラマン(町の写真屋さんですが)、
かわゆい茶目太の写真がたくさんあります・・・と言いたいところです
が、紺屋の白袴(「こうやのしろばかま」と読みます)。

 残っている写真と言えば、お客さんがカメラごと持ち込み、現像を
依頼してきたときの余りのフイルムで撮ったものが多かったです。

 だから、あのセミヌードのひなちゃんみたいな日常が・・・。

 ところで、あのタオルは産経新聞の連載中の漫画とのこと。元はと
言えば、もと連れがくれたものでした。

 「ひなちゃん」を見て、そういえばどこかで見たような気がしたらしい。
なのに、ブログで初めて確認するとはね。別れて良かった。


〔紺屋の白袴〕
紺屋が、自分の袴は染める暇がなくて、白袴をはいていること。
他人のことに忙しくて、自分のことに手が回らないこと。
~写真屋なのに、それほど写真が残っていない~







茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。