2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
夢のお話
 普通、『夢』と言ったら、どちらの夢だと思うのかな。茶目太は断然
眠って見る夢の方です。

 昨日、一昨日と続けて高校時代の友人が出てきました。もちろん
卒業後も親しくしていた友人なので、出てきてもおかしくありません。
(この言い方だと幽霊みたいだね。)

 夢に見るのは、相手の存在が潜在意識の中で引っかかっている
のでしょう。しばらく会っていないけれど、どうしているかなとか。

 会いたい人に夢であっても会えたら嬉しいですよね、単純に。


 こきち、ペンタ、元気でやっていますか?


 こきちは、平塚の県立某女子高でのクラスメイト。真面目が制服
を着て歩いているような高校生の茶目太とは正反対(といっても、
不真面目というのではなく)のタイプ。

 茶目太から見たら、すごく大人。どこか翳りを帯びた眼差しに、投
げやりな仕草。恋多き女子高生だったなあ、こきち。

 そうです。茶目太の言う「真面目」とは、「もてない」とも言います、
世間では。ほんと男子には、もてなかったなあ、・・ぅう~・・・

 男子が茶目太の周りをぐるりと取り囲んでいたのは小学生の間
だけ。同類の変なやつ(男子)と思われていた時代だけでした。

 で、チビ(小学生で伸びるのが止まった)・でぶ(かなり)・ぶす(少
しだけだよ)の三拍子で歩いていた茶目太は、「真面目」の肌着の
上に「劣等感」という洋服を着て、その上に「自意識過剰」というコー
トを重ね着していたので、現在の茶目太をご存知の方は、そんな、
ばかな、ひぃぇ~というくらいに恥ずかしがりでした。
     (今は、その反動で恥を知らない・・・)

 教室の一番前の席に座る茶目太と、いつも一番うしろで気だるそう
にしていた『こきち』には何も接点がないように思えたのに、お互い何
故か惹きあう磁石のような存在でした。

授業中、よく手紙を書いて後の席の子に回して貰ったり、反対に、
ぽんぽんと背中をたたかれて、こきちの手紙が回ってきたものです。

 話す時間がたくさんあるのに、とお思いでしょうが、そんなことをして
いましたねえ。おかしなことに、こきちと茶目太は、それぞれ別に仲良
く行動をともにしている友人がいたのです。

 手紙という『磁石』が二人を引き寄せ、またこきちが引き寄せていた
幼友達がペンタでしたね。ペンタも書くことが好きでした。

 こきちと茶目太は、『書く』ということで重なり、書くことが好きで当時
から同人誌などに自分の文章や詩を発表していた茶目太に「ペンタに
も会わせてあげたい」と常々言っていたこきち。

 ペンタとは、茶目太が人生のうちで一番美しい(あ~美しかったなあ
あの頃)23歳ころに出会い、ペンタのあまりに相手に気を使わせない
ところが、楽で、なんかいいなあと思いましたね~。

 でも既に遊び人のペンタには意中の人がいたようで、茶目太の美し
さにも目を奪われなかった様子。茶目太、撃沈。
 と、失意の茶目太のもとへ、もと連れ出現。

 そんな訳でペンタとも長い付き合いです。もてない女は男子の友達
とも長続きする。若い頃は、それは悲惨なことでしたが、今となっては
ラッキーなことではありませんか。

 昔の同人誌ひっくり返して載せちゃうよ~。きっと恥ずかしいと思い
ます。

 こきちとは、深く関り過ぎて、いつもぎくしゃくしてしまいます。でも、
お互いに距離を置いているときもいつも心で相手を思っている。

 顔に似合わないこと言って申し訳ないのですが、さながら二人は
永遠の恋人のようで。同性だからよかったものの、異性だったらど
んなにどろどろしたか、怖くて男性にはなれません。

 夢では、ペンタは茶目太が病院に母を連れて行き、そこで何やら
困っているときに現れ、手を貸してくれ、また颯爽と消えていきまし
た。颯爽とまではいかないかな。なんか、顎を怪我して診てもらった
と言ってましたから、夢で。

 こきちは、沖縄で家族を捨てひとり気ままに暮している所を、偶然
旅で立ち寄った茶目太と再会。

 あ~家族を捨てて、ひとりで南の果てに暮らすくらいなら、どうして
その前に茶目太に相談しないのさ、夢の中で、そうぷんぷん怒って
いる茶目太でした。

 夢って、面白い。








茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。