2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
敬語の解答
  お楽しみじゃない、解答編です。



 YGS高等部 平成二十二年度 1学年前期中間試験解答

        国語表現 Ⅰ 



一 次の文の空白を、後ろの選択語群から、最適なもので埋めて
  下さい。同じものを二度使っても良いです。
  
 目上の人の行為や状態を敬う( 尊敬語 )に対して、自分側の
行為を謙(へりくだ)ることで相手を結果的に敬う( 謙譲語  )。
敬語は、その言葉を相手側か、自分側か、どちらに使うかが難しい。
( 尊敬語 )の例としては、「来る」の意味で使う(「いらっしゃる」」、
「おいでになる」「来られる」は最低限使いたい。

 ( 謙譲語 )の例としては、「行く」の意味で使う「伺う」、
「( 参る )」、「いる」の意味で使う「( おる )」、「言う」
 の意味で使う「( 申し上げる)」なども普段から自然に使えるように
 したい。
 
  丁寧語  謙譲語  尊敬語  いらっしゃる  話す  
 参る   ある   来る   申し上げる   おる  

                配点各2×8(   / ⑯ )



二 敬語の文章として正しい文には○、誤りには×を入れて下さい。

ア、吉村先生は、おられますか?       ( × )
イ、退院なさるとのことで安心致しました。 ( ○ )
ウ、父は出かけております。         ( ○ )
エ、これからお宅へ行くところです。     ( × )
オ、はい、お陰様で母は退院なさいます。   ( × )
カ、アの文章を正しいと思う人はその理由を、誤りだと思う人は
その理由を次の説明文から番号で選んで下さい。 ( 1 )
1、「いる」の謙譲語「おる」を先生に使っている時点で間違い。
2、「いる」の謙譲語「おる」に尊敬の助動詞「られる」をつけて
  いるので尊敬語となり、正しい。
  3、「いる」の尊敬語「おる」に尊敬の助動詞「られる」をつけて
   いるので二重に敬うことになり正しい。

               配点各3×6(   / ⑱ )



三 傍線部の敬語を、別の言葉を使った敬語で言うとき、適切な
  ものの番号に○をつけて下さい。

1【明日書類を持参することを、取引先の専務に伝えようとして】
 
 部長が、契約書類は、明日ご持参すると申しております。
  
   〔1 お届けになる  お届けする 3 お持ちになる〕

2【検定試験の申し込みについて分からないことがあったので】

 先生、漢字検定の申し込みについて、ご質問したいことがあります。

〔1 おたずねになりたい  おたずねしたい 3 お聞きになりたい〕

3【知人宅にかけた電話で、本人が留守と聞いて】

 それではまた、ご在宅のときにお電話いたします。

〔1 おられるとき  いらっしゃるとき 3 おいでになられるとき〕

4【父の知人が訪ねてきて、父を待っていたときに】

 父はすぐには戻りませんので、テレビでもご覧になりますか

〔1 ご覧に入れますか 2 ご覧になられますか 3 見られますか〕

         配点各2×4(   / ⑧ )








横浜市不登校の高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
茶目太先生~~~第一問の質問の途中から思考が止まって・・・ピーーーーーーーーーー


あらま、
 ミリわんさんへ

 もしもし、もしもし、再始動してくださいまし。


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。