2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
桜桃忌ですね。
 

  今日6月19日は『桜桃忌』。太宰治の命日です。
 

  101回目の誕生日でもあるのかな。




  後期の授業には、太宰治の作品をとりあげてみようかな。

  茶目太は太宰の作品で卒論を書きました。全部の作品を
 読んだのはこの作家だけです。書簡集やら他の人が描いた
 太宰像やら、学生時代は太宰関連のものしか読まなかった。

  しばらく食傷気味で離れていたけれど、昔の恋人を想う
 みたいにまた読んでみようかな。

  ちなみに、いつも片思いに身を焦がしていた茶目太です。
 何故か。もてなかったから。とほほ

  究極の恋は片思いだと思いますよ。叶わぬ恋ほど、すて
 きなものはない。

  そうですよね? ミリわんさん、サクラさん。

  太宰治は、片思いに身を焦がすことはなかったのでしょ
 うか。そんな気がします。

  比較的安易に恋に落ちてしまったかも。本当の恋、相手
 を密かに恋することの素晴らしさを経験していないかもし
 れないと最近想いました。

 
  妻子がありながら、他の女性と心中した太宰の遺書が、
 奥さんの死後発表されましたが、「本当はあなたを愛して
 いました。」というものでした。

  太宰は死の病に冒されていたので、心中しなくても長く
 は生きられなかっただろうと思います。

  心中でしめくくり、自分の作家人生を完結した計算高い
 人だったのかもしれません。


  一緒に死んだ人のことを想うと可哀そうです。

  でも、太宰と死ねるというのは、また女性の側からする
 と、またそれも何か計算高さも感じられなくもありません。

  遺される妻子を冒瀆しても尚、得るものがあった
 のでしょう。それが愛だったとは、思えないのだけれど。

  一緒に死ぬという行為が、本当は一緒になど死んでいな
 いようで、なんとも言えない気持ちになります。


  遺していく妻子が生活に困らないよう、実人生でも小説
 のような死に方をして、作家としての地位を不動のものと
 して、大きな遺産を遺したのでしょうか。  


  茶目太が愛してやまなかったひとりの作家の本心はどう
 だったのでしょう。100歳の太宰には会いたくはないなと
 思うのは私だけではないでしょう。永遠の苦悩の人、太宰。






横浜市不登校の高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ


 



スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
叶わぬ恋・・・って・・・おほほほほ~なんのことでしょう~


あらま、ミリわんさん
 ミリわんさんへ

 もしかして、ミリわんさん、恋はみな叶ってしまったの?
 茶目太なんか、小学五年生のときの初恋から中学高校大学と全て恋は叶わなかったよ。
相手は恋されているとも知らなかったでしょうなあ。
 そして現在も究極の片思いは続くのであった。ソン・スンホンは茶目太の存在すら知らぬ。むふふふふふ。先日若き日の茶目太の写真を大公開した為、余計誰も寄って来ぬわ。
別人の写真載せればよかったにゃ。ぶひ


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。