2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
笑う教室
  茶目太は国語の教師です。
 
  国語の授業に教科書の音読はつきものです。

  なんとなく精神的なたるみが感じられるときや、私語が目
 立ち授業に身が入らないときは、一人一人に当てるのではなく、
 みんなで一緒に音読するという方法を取ります。
 
  すると、ばらばらになっていた生徒の意識が自然にまとまり
 ます。

  今年度が始まり、妙に音読が辛そうな生徒がいるのに気付き
 ました。途中で苦しそうに下を向き中断してしまうのです。
 
  二度目か三度目の授業の時にまた当てると、

  「僕、本を読むと笑っちゃうんです。どうしてもだめです。
   わざとじゃないんです。」

  と、私が当てても読むのを拒まれて、ああそうだったのかと
 合点がいきました。

  「あらそうなんだ。じゃ笑いながら読んじゃおうか。わざとじゃ
 ないんだから、笑って読んでも別にかまわないよ。ね、みんな。
 ここで、読まないでいると卒業した後に何かを読むような場面で困
 るから、今のうちに克服しよう。何だったら今日は全員で笑って読
 んでみよう!楽しいかもよ。さっ読んで読んで。」と茶目太先生は
 譲りません。


  生徒には酷かなと思いつつ、自分はこの方法が良いと思ったので、
 それで何度も促して読んでもらいました。確かに本当に苦しくなる
 くらい笑わないようにしているのですが、それでも笑ってしまうと
 いう感じです。

 「俺、ビョーキだわ。」とか言いながら真っ赤な顔をして頑張って
 います。途中で隣の生徒にほっぺたをつねってもらったりしてとても
 時間はかかりましたが何とか読みました。

  ふざけているのではないのがよくわかります。

 「よく読んだね。じゃ次。」

  笑いは伝染するものらしく、今日は笑いながら読んでみようと言
 われるまでもなく、他の生徒も途中で「あはははははは」と大笑い
 するほど笑いのつぼにはまりました。

 「俺の気持ち、わかったでしょ?結構辛いでしょ?」

 などと『笑い読』の本人が味方を得たような顔で本気で言っています。

  楽しいから笑うのか、笑うから楽しくなるのか、両方ともそうらし
 いよ。だからこのクラスは笑いが絶えなくていいわ。

  笑う教室のひとこまでした。

 「先生、他の学校だったら絶対怒られますよ。なめてんのかとか・・・」

 「いやあ、うちの学校は読むとき笑っちゃうなら笑って読んで貰いますよ。」
「それも、結構きついんですけど」
「あははははははは、まっがんぱれ。」







横浜市不登校の高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ





スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
こういうことを許してくれる場所って~そうそうないのよ~良かったね~みんな~!


そうなんだ~ないんだ~
 ミリわんさんへ

 だってしょうがないよね。笑っちゃうんだから。あはははは。皆で笑えば怖くないのであった。くっくっく
 そういえば、笑読くんが「前の学校だったら・・・絶対ふざけていると思われてめちゃめちゃ怒られて、とんでもないことになっている・・・」と言っていましたな。皆で笑って楽しい授業になりましたよ。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


No title
笑読くん なんで笑っちゃうのかなっ?
私も 「クラス全員で音読」って 小学校低学年を過ぎたあたりから
なーんだか 違和感があって笑いそうになってたのを 思い出しました~i-278
こんなことが 可笑しいのは 自分くらいだとばかり思っていましたけど 笑読くんも そうなのね~i-237
おばちゃんは 高校卒業してウン10年経ってますが
あのときの気持ちを 共有できそうな人の存在を知って
うれしいですよ~☆
 


No title
楽しそうな授業だ~
いいですね、自分の事を伝えられる生徒さんと、それに応える先生。
信頼関係があるから出来る事ですよね!
ありがとうございます!
何かパワーいただきました♪
私も、茶目太さんみたいな温かい先生が居る学校探そう!


本人は、ビョーキと言っています(笑)
 おたふくさんへ

 笑読くんは、全員一緒じゃなくても、音読してもらうと普通にひとりで笑いだします。ほとんとビョーキというやつです(笑)世のなかには色々な面白いビョーキがあるのですね~本人も自覚のビョーキですから重症ではありません。病識がないと危ないんですけどね。誰にでもほとんどビョーキっぽい所、ありますよね。茶目太もほとんどというか、かなりビョーキ(笑)。
 でも別にわざと授業妨害でしているわけではないので、笑っても良いからよんでみてちょと無理やり読ませています。本人はそれもきついというのですが・・・


生徒は、ひでぇ~と言っています(笑)
 サクラさんへ

 そんなに褒められちゃうことではないのですが(笑)人数が少ないから自然にこうなっちゃうのですね。私も40人の教室ではわざと笑っているのかと思うかもしれません。
 最近、ここでは生徒の困っていることや悩みに同調してしまうと、生徒にとっては余計大きなものになってしまいそうに感じられ、殊更冷たい対応をしています(笑)
 合宿に睡眠薬を忘れたとパニックになった生徒にも「一晩くらい眠らなくても死にはしないよ。今夜は起きていなさい。」みたいな。生徒は、ひでぇ~と思っているようです。くっくっくっ


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。