2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
厚木・飯山体験合宿 その3
 
  ホテルで過ごした翌日は、宮ヶ瀬ダムの放流時間が決まって
 いるので、時間に余裕がありません。

  茶目太は自分の部屋から各部屋へモーニングコール。それでも
 時間の7時に朝食に降りて来ない生徒もいて、りかちゃん先生と
 手分けして・・・

  翌朝もバスに乗るまで忙しかったなあ~

  お陰で時間に余裕があり、ダムの放流まで時間が少しありま
 した。

  小学生に交じり見学することにプライドが傷つくのか、「なん
 で小学生と一緒なんだよ~」と文句を言ってみたり(笑)

  でも、放流が始まると一緒になって口をあけて見ていたような。
 茶目太は放流するダムを背にして皆のことを写していました。ど
 んな写真が撮れたか楽しみです。



  ゆるーりゆるやかなペースでの宮ヶ瀬ダムでの半日がこうして
 始まりました。

  放流が終わると食堂へ行き自由に昼食。自由といってもお小遣
 いに限りがあるので生徒は500円のざるそばが多かったようです。

  800円の天ざるを食べていた茶目太とりかちゃん先生は、またま
 た「そんなの食ってるから太るんでしょう。」「てんぷら1個ちょ
 うだい。」とか言われてました。

  「このくらい食べないとやってられないんだよ~」


  あとはゆっくり広大な施設内を歩いて移動し、バスが先に行っ
 て待っている愛川公園までお散歩。

  一面の緑に、時折聞こえる鶯のさえずり。空気のきれいな中を
 歩くのは、それだけでリフレッシュできます。
  

  ゆっくり時間が流れて、気持のよい散歩ができました。

  途中、インクラインで戻るはずだった車いすのヴィーナス君が
 乗るインクラインの再開時間が数時間後だということに気付き、
 ヴィーナス君もエレベーターに乗りました。
  ヴィーナス君はエレベーターを降りた後にもある階段を自力で
 座り降りし、その前を3人が防御してと、急遽3人の男子が車いす
 を運ぶなど、協力体制万全でした。


  
  車いすでは無理な坂もあり、大変な思いをして生徒が手伝って
 くれましたが、やはり車いすでの参加には行動制限が必要だとい
 うことに私たちも気づきました。

 
  生徒の安全と、本来の楽しむと言う目的を半ば削ってしまうよ
 うで、生徒たちの疲れてきた顔を見ると限度を設けない訳には行
 かないと自分自身も疲れてきて思いしりました。


  なかなか難しい問題です。

  
  介助の人がいないと無理なことが多く、土曜日の代々木公園の
 ラオスフェスティバルには、学校として行動制限を出さざるを得
 ませんでした。


  生徒たちは、「僕たちがつくから。」と申し出てくれましたが、
 学校の判断として制限をして良かったです。

  当日は炎天下。体力消耗も激しく、合宿の疲れで喉が炎症を起
 こして前日内科で点滴を受けてきた茶目太も限界でした。

  生徒たちも疲れは残っていたようですし。何かがあってからで
 は遅いので、安全第一です。
 

  生徒の安全を第一に考えている校長の緊張度はすごいものです。
 茶目太がひとときも気を抜けないからすごく疲れましたと言ったら、

  「私はその5倍、疲れています。」
  「・・・・・」

  アスレチックで本気に遊んでしまった茶目太は無言・・・(苦笑)


  事前に見に来ていても、ゆるやかに予定を組んであっても、突発
 的なことは起きます。生徒はまずホテルで寝ていません。起きてお
 しゃべりするのが楽しいのですから。
  
  ホテルから出なければ、皆で部屋に集まり何時までも話をしてい
 ても多少は目をつぶります。(もちろん、11時12時1時と見回りは
 しています。)

  寝不足ではいくら若くても足もふらつくし、帰り間際に事故でも
 起きたら台無しです。


  学校に着き、解散するまで気が抜けません。無事に帰って来れて
 良かったです。みんな、楽しめたかな。


  すぐ続いたラオスフェスティバルでは、生徒はより親密になって
 いました。合宿の一泊二日の力は大きいようです。


  校長、来年はやっぱり「八丈島」ですかね?

  八丈島行きたいなあ~








 茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに
         参加しています!

   にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村   ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!
                  ふにゃふにゃ ぱふっ


スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
すごい緊張感だったのね。先生お疲れさまでした。親御さんも人に子供を託すのって勇気がいたと思うの。お互いの信頼がなければ出来ない旅行だったね。


何事も体験してみなければ・・・
 ミリわんさんへ

 車いすの生徒さんの入学は、初めての試みだったので試行錯誤です。でも、生徒にとっても私たちにとっても勉強になり、得るものが多いです。


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。