2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
茶目太、今年度最終授業の報告(その2)
      

    gobletc1bl250_20100319234354.jpg



 さて、本日のメインイベント。ます゜は白文で。


 子白、

 「由、誨女知之乎。知之為知之、

 不知為不知。是知也。」     (為政)




 そして、書き下し文

 子白く、「由、女これを知るを誨へんか。これを知るを

これを知ると為し、知らざるを知らずと為せ。是、知

るなりと。」    




 訳文として


 先生がおっしゃるには、「ものごとを知るということは、
自分が知っていること、知らないこと、それを知るという
ことだ。」




 孔子さん、なかなか深いですね~。




 さていよいよ、



 子日、

「学而不思、則罔。思而不学、則殆。」

                   (為政)




 子日く、学びて思わざれば、則ち罔し。思いて

学ばざれば、則ち殆し。」

 


 先生いわく、学問をしてもそれを

役立てて考えなければものの道理には暗い。

考えても知識がなければ独断に陥って危険である。」



 孔子は、まるで私には神ではないけれど、キリストのように
思えました。弟子が多く、弟子たちの手で後世に伝えられた、
言葉の重みがそう思わせるのです。

 そして、孔子はキリストより五世紀も前の人です。

 すごいよね~すごいよね~神様として崇められる人より、も
っとさきに生まれていたんだね。そういう人の言う言葉が今も
生き続けていて、真理をついている。


 生徒はどうでもいいような顔をしていたような・・・

 まっいいか。それでは今年度、茶目太の授業を一年間受けて
の感想を書いて貰いましょ。




 「漢文が難しかった。」  ← 難しかったかも知れませんが
                  よく理解して訓読文からきちんと
                  読めるようになっていましたね。
                  音読もすばらしかった。ナレー
                  ターになって欲しいくらいです。
                  各教科オール5のきみだから、
                  できるからと言って、国語やその
                  中の漢文が好きだとは限らないけ
                  れど、何でも一生懸命に学ぶ君の
                  姿勢には私も頭が下がります。 



 「二年で一番心に残ったのは、『ハナニアラシノタトエモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ』という言葉です。それについて、書いて
ある寺山修司さんの『言葉を友人に持とう』を読み、「サヨナラダケ
ガ人生ダ」の考え方、言葉の受け取り方を考えさせられました。また
漢字テストは苦痛でした。」        

                 ←漢字テスト苦痛でしたか(笑)でも
                 よく練習してありました。きっとたく
                 さん家で練習したんだね。君の生真面
                 目めさは素晴らしいですよ。
                  そして、茶目太が題材に選んだ教材
                 として井伏鱒二の漢詩の訳詩や寺山修
                 司の文章に印象を残してくれたことが
                 とても嬉しいです。   



 「漢文は、難しい。教科書の現代文をもっと読みたい。漢字は読みだ
けやりたい。YGSの中では、信頼している(笑)良い先生です。…
間違い多いけど。」
      ←漢文、それでもちゃんと授業に出て
                 くれば訓読文でもぶっつけ本番で読め
                 ていましたよ。当初は欠席がちで心配
                 していましたが、途中から出てきてく
                 れて、茶目太嬉しかったです。
                  その上、笑いマークが入っているけ
                 れど、信頼してくれているなんて感激
                 です。ありがとう。すごくうれしい。
                 ぶちゅっ(あら迷惑でした?)
                  でも、ガクッ(痛いとこ突きます。)
                  すみません。そそっかしい茶目太、
                 試験問題も間違えました。100点満点な
                 のに配点が90点しか・・・100点に換算
                 して返したのでした。ごめんちゃ。 
                  そうそう、3年では教科書が『現代文』
                 というだけあって現代の小説や評論等を
                 教材にする機会が多いです。お楽しみに。 




 二年生の最終事業の様子でした。では次回は1年の最終授業の様子の報告です。  






茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ




イラスト・Eternity+



スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。