2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
教材は『ちいさん』のブログです(5)
 



  risuc1-1.jpg



 二月六日のちいさんのブログは秋葉原無差別殺傷事件の裁判
のニュースに起因するものでしょうか。事件が多いので違うか
も知れませんが、殺伐とした世のなかを憂い、ちいさんはこの
ブログを書かれたものと思われます。そしてその後また、少年
たちによる男女3人殺傷事件も起こりました。


 命の尊さ。人を愛する気持ちを一番分かり易く話すにはこれ
しかないなと茶目太は教壇に立って、生徒たちの顔を見まわし
思いました。


 それは、私自身が湧き出て溢れかえる愛というものの存在の
大きさを初めて実感したことについて。


 ちょうど妊娠中のとまとさんのブログ『雨のち虹。時々とまと』で、
とまとさんの大きく膨らんだお腹を見ていたからかも知れませ
ん。さえぼさんが作ったくじらさんががとまとさんらもちゃん
初めてのお友達になった様子(笑)

「トンコの気まぐれハンドメイド生活」)



 この世で何よりも深い愛。それは何だと思いますか?答えは
聞かなくても、生徒の顔にはそれぞれの思いが浮かんでいるよ
うです。

 でも、この時、愛がどれほどの深さか、本当に分かっている
生徒はいないでしょう。

 
 茶目太自身が自分の母親(みよ彦おばあちゃん)について、
「ああ、こんなに大変な思いをして自分を産んでくれたのか。」
と気付いたのが、自分の息子を出産してみてのことでしたから。

 そして、出産なんて、子供を育てていくことに比べたら何の
苦労でもないということに気付いたのは実際に育ててみてから
でした。

 どうしてそんなに苦労してまで、子供を育てるのが母なのか。
父親の気持ちは茶目太にはよく分からないけれど、父親も自分
で産んでない割には、とても子供を愛している。だよね?


 親と子を結ぶ愛情は、説明のできないほど絶対的なもの。

 命に限りがある生命体に組み込まれた、次世代に生命を繋ぐ 
システムと言ってしまえばあまりに味気ないけれど。




 (さて、二年生に出した課題が終わる頃です。集中授業は、
一年と二年を同時に並行して二時間続けての授業を実施してい
ます。二年にはこの間、漢詩『勧酒』を自分なりの言葉で訳し
て貰っていました。既にご紹介しましたね。)


 
 では、原稿用紙を配ります。心に思い浮かんだことを書いて
みて下さい。昨日と今日の授業の教材についてでも良いですし、
それを通して自分の心に広がった思いでも、開いた記憶の扉か
らでも、お好きなように。

 一年の国語の目的は、使用教科書『国語表現』の通り、自分
の思いを表現して貰うことなので。

 では、お隣りへ・・・


 (作文のご紹介は次回へ続きます。)



 
 と、ここでまたまた臨時ニュース。

 

みよ彦おばあちゃんが大好きな『はぐれ刑事純情派』の「
浦刑事
」が亡くなっていました。

 とても良い味の刑事さんでした。茶目太も好きでしたね。

 それに茶目太にとっては、藤田まことというとどうしても
てなもんや三度笠』が思い出されます。ちんねんというちっ
ちゃい和尚さんとの珍道中で生放送だったと思います。番組中に
「あたり前田のクラッカー」と藤田まことがクラッカーの箱を
持って宣伝していました。珍道中の内容よりもその宣伝の方が今でも鮮明に思い出
されます。

 あたりまえだのクラッカー、きっとそんなコマーシャルを覚え
ているのは、北の方にいるあの方くらいかなぁ~

 藤田まことさんのご冥福をお祈りいたします。








茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ




イラスト・Eternity+

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

北の方にいるあの方・・・って・・・誰だろう・・・?ww

「てなもんや三度笠」も「あたりまえだのクラッカー」も聞いた事あるけど、映像は鮮明に思い出されないのよ・・・そこまで、ボケたということか?


げっ、ばれた!ははははは
 ミリわんさんへ  

 あらま、そんなにぼけちゃったの?くっくっくっ。2~3歳の違いでも、茶目ピーが幼児
でうろちょろしてたら、ミリわんさん、まだおむつしてるしね~。むりないかも。バブバブー言ってたと思います。


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。