2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
教材は『ちいさん』のブ゛ログです(3)
  risuc1-1.jpg





 何故か、真剣に自分でも考えてしまった茶目太。何故人間は
哀しいの?悲しいのではなく、哀しい。哀しいよなあ~


 以下は教室での茶目太が思ったことをだらだらと~。


  うーん。どうして哀しいのかねぇ。なんだかさあ、私には、
命には限りがあるからではないかなあって思えたよ。。

 みんなは違がっていいんだよ。

 どうしてそう思ったかっていうとさ、あなたたちはもちろん若
いから、そんなこと思って生きていないだろうけれど、何があ
るか分からない訳で明日死ぬかもしれないよね。

 私なんか年をとってきたから、ちょっとそういうことも考える
けれど、いつも死を意識しているわけではないかな。だって、
うちのおばあちゃんなんか、今年八十四歳の年女だけど、一
向に死にそうにないし(笑)、本人も明日死ぬとは思ってもい
ないと思うよ。

 でも、でもね、生まれてきたからには私たち絶対死ぬんだよ
ね。○○くんだって三百年も生きないからね。(本人頷く)

 信じられないけれど、私だって実感できないんだけれど絶対
死がこの身に訪れるんだよね。

 だから精一杯生きなきゃね。生きてる張合いがあるようにね。
 


 普段つらいことは長く考えないで良いように、人間にはあり
がたい「忘れる」という能力がある。

 だから、私たちは命に限りがあることを忘れられ、生きてい
ける。でも、やはり無意識のうちに「命には限りがある」とい
うことを常には忘れていないのではないか。

 それが根源的な人間の哀しさにつながっているとは断言でき
ないけれど、茶目太はそんな気がしたのでした。

 生徒の一人に、それで言われてしまいました。何だか道徳の
時間みたい・・・

 たしかに・・・。


 また続きます~






茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ




イラスト・Eternity+

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。