2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
茶目太の授業風景(3)
 

  生徒と茶目太の漢詩の訳詞、いかがでしたか?井伏鱒二に
はかないませんがなかなかでしょう(笑)


 さて、何故この漢詩「勧酒」が寺山修司へと繋がるのか?と
疑問に思われた方も多いことでしょう。

 ご存知の通り、寺山修司は前衛的な劇作家としての顔が一番
知られています。ある年代の方は『天井桟敷』はご存知と。

 様々な顔を持っている寺山修司ですが、もともと歌人として
この世に出た人なのです。茶目太も小さい時分は知らなくて、
『時には母のない子のように』(カルメン・マキ)の作詞家として
覚えました。

 余談ですが、茶目太は小学生の頃でしょうか、このレコード
を部屋の壁に寄りかかり、擦り切れるほど聞いていました。

 「魔法使いサリーちゃん」と同じくらいに好きだったなあ。


 さて、話は授業に戻ります。手っ取り早く国語の教科書から
写して皆さんにご覧になってもらいましょうかねぇ。 



   momijicwh.jpg




  言葉を友人に持とう     寺山修司
     ー私にとって名言とは何であったか

 言葉を友人に持ちたいと思うことがある。
 それは、旅路の途中でじぶんがたった一人だということに気
がついたときにである。

 たしかに言葉の肩をたたくことはできないし、言葉と握手す
ることもできない。だが、言葉にも言いようのない、旧友のな
つかしさがあるものである。

 少年時代、私はボクサーになりたいと思っていた。しかし、
ジャック・ロンドンの小説を読み、減量の苦しみと「食うべき
か、勝つべきか」の二者択一を迫られたとき、食うべきだ、と
思った。Hungry Youngmen(腹のへった若者たち)はAngry
Yougmen(怒れる若者たち)にはなれないと知ったのである。
 そのかわり私は、詩人になった。そして、言葉で人を殴り倒
すことを考えるべきだと思った。詩人にとって、言葉は凶器に
なることも出来るからである。私は言葉をジャックナイフのよ
うにひらめかせて、人の胸の中をぐさりと一突きするくらいは
朝めし前でなければならないな、と思った。
 だが、同時に言葉は薬でなければならない。さまざまの心の
傷手を癒すための薬に。どんな深い裏切りにあったあとでも、
その一言によって慰むような言葉。

 時には、言葉は思い出にすぎない。だが、ときには言葉は世
界全部の重さと釣り合うこともあるだろう。そして、そんな言
葉こそが「名言」ということになるのである。
 学生だった私にとっての、最初の「名言」は井伏鱒二の


   花に嵐のたとえもあるさ
   さよならだけが人生だ

という詩であった。
 私はこの詩を口ずさむことで、私自身のクライシス・モメン
トを何度のりこえたか知れやしなかった。「さよならだけが人
生だ」という言葉は、言わば私の処世訓である。私の思想は、
今やさよなら主義とでも言ったもので、それはさまざまの因習
との葛藤、人を画一化してしまう権力悪と正面切って闘う時に
現状維持を唱えるいくつかの理念に(習慣とその信仰に)さよ
ならを言うことによってのみ、成り立っているようなところさ
え、ある。
 
 「名言」は、言葉の年齢とは関係ない。それは決して、年老
いた言葉を大切にせよということではなく、むしろその逆であ
る。老いた言葉は、言葉の祝祭から遠ざかってゆくが、不逞の
新しい言葉には、英雄さながらのような、現実を変革する可能
性がはらまれている。
 私は、そこに賭けるために詩人になったのである。

 出典は『ポケットに名言を』(教育出版 新国語総合 改訂版)  



 二月十日、二年の授業の最終報告は次回へ。








茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ




イラスト・Eternity+


スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。