2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
(Ⅲ) 何故か、心理学に弱い・・・
《私の人生リセット・学校へ帰ろう ③》

 YGS高等部に採用されたいと思った理由は、何よりも、面接
時の副校長の話で知り得た、校長自らが精神保健福祉士・臨
床心理士
という、病院で白衣を着ていてもおかしくない人である
ということでした。

 その一点だけでも私は強くこの学校に惹かれたのです。


 過去に自分自身が「軽症うつ」に陥り、それがきっかけで
心理学に強い関心を持ち、図書館で手当り次第心理学関
連の本を読んでいた私は、「ここだ!」「ここで働きたい!」
「ここしかない!」と単純に思ってしまいました。

 私自身欠点が多く、弱い人間だからこそ、教師としてより
も一人の人として、ここで自分も何かを教わりたかったのだ
ろうと思います。


 私の「うつ」は早いうちに掛かりつけの内科医に相談でき、
処方してもらった薬がまたぴったり合って良く効き、大事に
至りませんでした。知人で、うつ病の治療がうまく行かずに
亡くなった人が数人いたこともあり、心の病気の恐ろしさを
多く知り、またうつは治療で治る病気、という知識もありま
した。

 
 そもそも、私が転職しようと思い立ったのも、また「うつ」が
忍び寄りそうなストレスを転職前の職場で抱えてしまったか
らです。
 
 どこで働いても、嫌なことの一つや二つは必ずあります。
三十代から四十代前半まで、パート採用という気軽さから、
もうだめと思ったら、さっさと辞めて次を探すの繰り返しでした。


 建設会社・弁護士事務所・国立大学研究室・政治団体・・・
どこも仕事は面白かったけど・・・

 
 上司が理不尽なことばかり言う、それに耐えられなくなっ
てというのが、殆どの理由でしたから、今でも自分がいた
職場のどれをとっても仕事は心から好きでした。

そして、どの職場でも同僚に恵まれましたから、その点で
はラッキーでした。 
 
 今では、私が教員に復帰したことをそれぞれの人が見守
り励ましてくれます。友人たちに私の近況をお知らせする
目的もあってのブログです。

 精神的に弱く、忍耐力に欠け、教職経験不足の私など不
採用になるかも知れぬと不安でしたが、最後の転職に賭け
ました。

 たぶん私の「やる気」だけを信じて受け止め、採用を決めて
くださったYGSに感謝しています。 YGS高等部から、採用
の電話が予定より早く入った時は、とても嬉しかったです。

 お礼といっては何ですが、


YGS高等部は、
神奈川県教育委員会指定の正規の高等学校(技能連携校)です。



「校長、学校の宣伝しときましたよ~」

(ブログに1回YGSと入れて100円とかだったら、毎日更新
して1日100回入れたら日給1万円になりますね。

 そうなったらいいなあ) ← せこいこと書いてすみません。

 
 





茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ


 
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。