2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
校長のお話に目から鱗の茶目太 (2)
  




 私が校長のお話から「統合失調症」について理解できたことは
脳が情報量をセ―プできずに何でも取り入れてしまうと、大きな
ストレスがかかり、焦燥し混乱してしまうということでしょうか。



 脳内神経伝達物質のドーパミンという重要な伝達物質が過
剰に出てしまうことにより、分かり易い例をあげれば、音なら人
の三倍くらい音がうるさく聞こえてしまい、神経が疲弊し、スト
レスも多く大変つらいようです。イライラが募ると暴力的にもな
り易いです。
     

             →ドーパミンとは
 

 

 本来、取捨選択し必要な情報だけを取り入れられるようにな
っている脳が、選択できずにすべての情報を取り入れてしまっ
たら・・・どんなにか辛いことでしょう。


 無意識と意識と、見えている聞こえているものと、見えてい
ない聞こえていない想像の領域が全ていっしょくたになって、
脳のなかで情報処理されたら、混乱するのは当たり前です。


 どれが本当に見えているのか聞こえているのか分かりません。
脳の誤作動によって、見えないものが見え、聞こえないものが
聞こえてしまう、まことに厄介な現象が自分の脳の中で起こる
わけですから、想像するだけでもつらいです。


 
 それが分かっただけでも、私は自分が統合失調症について、
とても理解が深まったように思いました。

 やたらに大きな音をたてたりせず、話をする時も音量を抑え
内容も伝えたいことだけをシンプルに話すことが大事。


 また、統合失調症の患者さん本人が自分の病気を認識し、
自らが正しい治療を受ける意志を持たなければ、抑えられるも
のも抑えられず、悪化させてしまいます。

 自分の病気と向き合う。病気になってしまったら、それしか
ありません。そして正しい治療をする。




      koic250wh.gif





 ちょっとめちゃくちゃな話になるかもしれませんが、素人の
考えですからお許しください。


 私は鬱病は統合失調症とは対極にある病気かなと思うのです。
活力が失われる状態ですから。

 その統合失調症の反対の鬱病が今や、”忌まわしい”「精神
病」としてでなく、誰もが罹りうる「心の風邪」と認識されてきて
います。その反対の病気を必要以上に恐れることはないのです。

 内科の医師に聴いた話では、今や「鬱」は「軽症鬱」ともな
ると10人に1人と言われているそうです。

 


 統合失調症も、かつて「分裂病」といって恐れられていた精
神疾患からようやく病態に近い名前がつけられ投薬治療で症状
が抑えられることが周知されてきました。
 
 校長のお話では、かつては入院治療が多かったようですが、
現在は通院治療が多いそうです。




  話はもう一回続きます。









茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ




イラスト・Eternity+

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

茶目太先生お勉強になります~~
統合失調症とアスペルガーは重なる事も多くて私も本等読みました。。。
息子も凄く疲れやすくて、負荷がかかりやすいんですね。
この子の場合は自分の特性と上手く付き合うしかないので。。。
不安も持ちやすい脳ですから、万年うつ状態もありです。。。

娘は、幼稚園の頃登園するとクラスの前を1度通りざわつき加減をチェックしてましたよ。
その日によって入れる入れないが決まるんです。。。
感覚が過敏過ぎるのも辛いです。
成長と共に緩やかになったものもあり、残ってるものもありですね~~
想像ですが、統合失調症の方は想像を絶する混乱の世界にいるのか…と思えます。


私もとても勉強になったのです。
 サクラさんへ

 今まで、校長のように簡単に説明して下さる方がいませんでした。本は難しいですよね。
サクラさんのおっしゃる通り、アスベルガー症候群にも重なる部分が多いので私も更にその点で勉強になりました。音などが必要以上にうるさいのは耐えられないですよね。そういうことを皆で思いやって行きたいなあと思いました。


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。