2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
作文と話合い②

        ハート




 夏休み前の前期の仲の良さから比べて最近は生徒関係が複雑化
している様子。

 その理由には、この学校は最初から普通に毎日通って来られる
生徒と同人数くらい、まだ通って来られない生徒がいることも要
因のひとつです。

 そして、最初から普通に通ってきている生徒の絆が非常に深ま
り仲が良くなった頃に、校長とのコミュニケーションや校長が何
度も生徒の家に通うなどした効果が出始めた生徒が順次登校し始
めます。

 ひとり、またひとりを何度か受け入れ、仲間になるというスト
レスを何度となく、多かれ少なかれ彼らは全員で抱えている状態
なのです。

 それは彼らの関係性が成長している証拠でもあるのですが、そ
の中で不自由を感じたり、居づらさや、特定な相手への強い嫌悪
が伴うと、「鈍感力」に欠ける彼らにとって良い環境ではありま
せん。

 そこで学校では度々生徒から話を聞き、解決に導けるよう努力
してきました。ところが、こういう時は、ひとつ解決すれば、ま
た一つ、それが解決すればもう一つといった具合で、生徒一人一
人の心が休まらなくなってきます。



 実は、作文を書いて貰おうと予定していた朝、一年の教室に入
った私は、内心「遅かったかな」との思いを強くしました。

 一年で中心になっている、皆を引っ張っていく力のある一年男
子の顔といったらなかったのです。少しむくんだように張りがな
く、表情も疲労の極みといった感じでした。

 学校の中で、一番日当たりが良く、風通しも良い明るい一年の
教室が、なんと暗く感じられたことか。

 いつも大人しい一年男子も俯き加減、元気な女子といったら、
私の顔を見るなり鼻をすすり出す始末。

 そして今朝は欠席者が多い・・・


 「暗いね~、教室はこんなに明るいのに、なんなんだ?この君
たちの暗さは。○○さん、風邪引いたの?鼻すすって。」


 泣いている子に泣いているのかと聞いたら、もっと泣くので、
ここは茶目太「鈍感力」の発揮です。



        ハート



 「じゃあ、今日は作文を書いて貰います。これから渡辺淳一
という人の」『鈍感力』を私が冒頭の所を朗読しますから、
よく聴いて、それをヒントに作文を自由に書こうね。」


 「『鈍感』に『力』の字をつけているということは、この『鈍感』
が只ものではないと分かりますね。『力』を持つくらいの『鈍感』
に目を向けて、自分は『鈍感力』がある方かない方かそんな所から
でも良いので、自分のことを考えて作文にしてください。今の自分
の気持ちをそのままに、話したいことをそのままにで良いですよ。」



 最初は、なかなか書き進めなかった生徒でしたが、鼻をすすり
ながら女子が消しゴムを何度も使いながら自分の気持ちをまとめ
はじめました。
 あとから、欄外に言葉をつけ足したりしています。何度も読み
返しています。そのうち、鼻水も引っこんで来ました。今の正直
な気持ちが書けたようです。もっともっと良い自分にしたいとい
う切な思いの伝わる作文です。

 大人しい男子は、性格が穏やか、一番問題を起こさない子です。
それほど強い悩みは見受けられず、作文のテーマ「鈍感力」をつ
けるために生きていくために必要なことなど少し書いています。
あまり心配することはないようです。

 リーダー君は、当初箇条書きで何やらたくさん書いていました。
二枚目には、箇条書きではなく、なかなか大人の意見が出ていま
した。他人に迷惑のかからないストレスの発散を考えたり、まず
自分が良く変わろうという意欲が見られました。
 

 ざあっと読ませて貰い、「それでは、今日の午後は一人ずつと
順番に話をしたいと思います。みんなで話合いをするのは、もう
何度もしたので、今日は私と一人ずつ話してみようね。」

 
 一人ずつ話してみて、見えてくるものがあると何となく思った
茶目太でした。この学校に来て、私にとっても初めての試みです。

 個人個人が話に来るのはよくありますが、全員の話し合いを経
た上で、各人一人一人とその問題を話してみるというのは初めて
だったのです。
        


   ハート







横浜市不登校の高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ






イラスト・Eternity+





スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

物理的にも 精神的にもお忙しいところ 
私のブログにコメント残して下さって ありがとうございました。


ふくすけの 進路の選択肢の一つとして
先日こちらの地域の 広域通信制の高校の
説明会にも 出かけてきました。

茶目太さんの YGSもこんな 雰囲気なのかしら
なんて 思いながら・・・。


まず、玄関で 通学コースの生徒さんが 説明会に来た 一人一人を 会場まで案内してくださって
その 堂々とした振る舞い 明るい笑顔 とても好印象でした。


先生方による 説明会のあとは
ボランティアで 来てくれている 生徒さん達と
学校の様子など 自由に 歓談できる時間がありました。

どの生徒さんも 礼儀正しく 何より 明るく
そして 初対面の よそのおばちゃんにも
自分の 引きこもり体験などを
とても冷静に 語ってくれて
ふく娘と 大して変わらない人生の時間のなかで
大きな大きな 成長を遂げておられる様子に
思わず 感激して 図らずも 泣いてしまいました^^;;


生徒さんたちは その小さな胸に
たくさんの 課題を一気に背負って
生きてこられた ものすごい 力強さがある
反面 みんなが 適当に流してしまえることがらまで
一生懸命 取り組んできた 薄い薄いガラスのような感性も しぐさの端々に見えて
それが 少し 痛々しくみえました。


両極端な 強さと はかなさが 同居する生徒さん達。
そうでなくても 思春期と言われる 時期の人達は
取り扱い注意なのですから・・・。

茶目太先生の 『思い』が どうか 功を奏しますように!
ただ 祈っているだけですけど^^;





ありがとうございます。
 おたふくさんへ

 励みになる言葉をたくさんありがとうございます。嬉しかったです。

 見学された学校は、なかなか感じがよさそうですね。きちっとした雰囲気が伝わってきました。大変でしょうけれど、自分の足で訪れ、色々比較して雰囲気を感じて入学を決めてくださいね。たくさん質問して後悔のないように選んでください。
 学校が清潔で生徒に笑顔が見られれば合格かな(笑)


おお?!ぐぐっと濃い授業になってきましたね。

ここだけの文章を見ると「茶目太先生=デキル先生」って感じだぞ!ww次が楽しみ!


ふふふふ、できる茶目太です!
 みりわんさんにほめられると調子が狂うのは何故でしょう。がくっ


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。