2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
読書三昧 Ⅰ(3)
komori4-250.gif komori4-230.gif

komori4-230.gifkomori4-250.gif komori4-230.gif

  
 古本屋さんで買う本には、やはり当たり外れが多く、記憶系に弱い
茶目太は「最後の記憶」でも失敗した感がありました。

 でも、それは私があまりホラーは好きではないからかもしれず、そ
れが好きではないものにとっては、手にとったことがそもそも失敗と
いうことでしょうか。一所懸命書かれた作家にはその時点で申し訳
ないことをした感じです。

komori4-250.gif komori4-230.gif

komori4-230.gifkomori4-250.gif komori4-230.gif

 

 3作目は、「人体模型の夜」(中島らも)です。

 中島らも と言ったら、薬物中毒者として「徹子の部屋」に出演していた
のをたまたま見た、それがこの人を知ったきっかけでした。 

 以来茶目太の中では、ちょっとあぶない作家というイメージが巣食
っていたように思います。

 この本に手が伸びて行った理由は何故かと言えば、「夜」という、
一文字でしょう。それと本の装丁。

 「記憶」に続いて惹かれるタイトルが「夜」とか、何通りかあります。

 中島らもという作家にはあまり似つかわしくないような気がしたの
ですが、ギリシャ神話のような装丁に惹かれたのも確かです。



komori4-250.gif komori4-230.gif

komori4-230.gifkomori4-250.gif komori4-230.gif



 さて、内容的には当たりでした。人体の一つ一つパーツごとに短編
が編まれており、それぞれ別の物語のように思えるのですが、終わっ
てみると、狂言回しの少年によってすべてがまとまるという形です。

 話に引き込むテクニックが、とても上手です。

 特にプロローグとなる「首屋敷」へと少年が入り込む描写。この屋
敷の特異性~入口が三階にあるというのに階段も梯子も何もない。
 その上、変な間取り。二畳ほどの小部屋が二十一室とかで構成
されていたりする。

 短編一つ一つは、少しホラーがかった推理小説というところでした
が、茶目太はプロローグとエピローグの不思議な描写が面白かった
ので楽しめました。内容は案外まともでした(笑)。薬物依存の中で
書いたとしたら、もっとぶっ飛んでるかなぁと期待したのですが。失
礼な期待でした。 
 



不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!
にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ




イラスト・天音ゆうさん
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

NoTitle
「人体模型の夜」読んでみたい。今度探そう~

漫画ばかりで本も読めって話ですよねwwラジャー!

・・・っといいつつ私の読書カレンダーにまた「鈴木先生」を入れちゃお~


読書の秋ですものね~漫画も立派な読書ですよ。
 みりわんさんへ

  「人体模型の夜」は導入の部分は確かに首屋敷の描写で面白く興味が・・・。

しかし、ひとつひとつのパーツは全ったくその首屋敷とは関係のない大人のお話でした。古本屋で見かけたらば読んでみて下さいね。探すほどではないかも~


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。