2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
尾上先生
            d9h2@z.jpg

 以前「痛みが体に危険を伝えるてくれる大事なもの」だと教えてく
ださり、茶目太の目から鱗を落とさせた、尾上先生のことをまたの
機会に詳しくと書きました。

 「空飛ぶミケ猫」さんも楽しみにしていてくださると確かコメントくだ
さったので、今日は尾上先生の思い出を披露します。


 中学生と言えば思春期真っ只中。

 それなのに、無神経な言動で子どもの心を踏みつける先生もいま
した。保健室のN先生。茶目太の苦手な先生でした。

 小学生の時の保健室の先生が、このN先生で、中学に行ったら別
の先生になるんだなあと楽しみにしていたのに、なんと、茶目太が
中学進学と同時にこの先生も、中学に赴任してきました。子供なが
ら、かなりなショックでした。


 N先生は、男子に女子の体重測定をさせるような人でした。おデブ
の茶目太の体重計を男子に測られるくらいなら・・・そんな気持ちを
これっぽっちも分からない人でした。


羽  羽  羽



 何かの予防注射を受ける日のことでした。風邪を引いている人は
体温を計ってから受けてください、と言う指示が出たので、風邪気味
だった茶目太も、保健室で体温計を借りて計りました。


 茶目太が渡した体温計を見て、N先生がそばにいた尾上先生に、
「これ見てぇ。」と笑いながら体温計を尾上先生に差し出しました。

 「どこで、計ってるのよぉ、体温の計り方も知らないのぉ。」とN先
生に言われて、茶目太は何だかとても恥ずかしかったです。

 尾上先生はN先生のばかにしたような笑い方に同調せず、無言で
茶目太に口の中ではなく、脇の下で計るように教えてくれました。



 茶目太の家では、昔体温計は親が口の中に入れてくれて計りまし
た。いつの頃からでしよう、脇の下になったのは・・・

 あまり熱を出さなくなって久しかったので、茶目太は中学生になって
から家で熱を計ったことがなかったのでした。

 思春期、こんなことでさえ、子どもは傷つきます。それを知っている
かのように、N先生の言動を無視して茶目太にそっと体温計を脇で計
るように指示してくれた尾上先生。

 今思えばたいしたことのない出来事でも、まだそのことを鮮明に覚
えている茶目太です。尾上先生、かっこいいと思いました。
                            
                           
                   羽  羽  羽


 あっそれからもう一つ。秘密の思い出があります。修学旅行だった
のかは、はっきりとしないのですが、夜中に大部屋で皆が寝静まって
いる時、尾上先生が見回りにきました。

 茶目太は寝つけず、窓の桟に手をかけていました。窓側に寝てい
た茶目太のちょうど手が届くあたりに桟がありました。尾上先生は、
茶目太が寝ていると思って、茶目太の手をそっと桟からおろしてくれ
ました。じっと寝ているふりをしていた茶目太でした。






茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ




イラスト・天音ゆうさん
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

NoTitle
ハロウィンバージョンのテンプレート!ステキですよ!

尾上先生の最後の思い出、ウルッときました。言葉も大事だけど、仕草も大事ね。ま。どちらもココロが入っていたらだけど。男は黙って~・・・・・・・やっちゃったなぁ~?

体調はどう?肩にチカラが入っていない?私は何もしていない時もハッと気づくと肩首にチカラを入れてパンパンになっている時があるの。「あ。いかんいかん。リラックス。リラックス」だよ。


そう、男は黙ってがカッコイイですよね~
 ミリわんさんへ
 
 いつも温かいコメントありがとうございます。うるうるうる。

 北の方からパワーを送っていただいたのが、ようやく東の茶目太に届いたようで、少し元気になりました。魔女のお友達が一人いると心強いです。

 近々、もうひとり「子魔女」がHANAさんとこで誕生しそうな勢いですね。ふふふふふ。 ハロウィンバージョンは、ちょうど良かったかな。

 そういえば、こんなにだらけているのに、肩がこりこりでした。りらっくすりらっく・・・すおまじないのように唱える茶目太でした。


こんにちは
わざわざ教えてくださってありがとうございます。
コメントも入れずに失礼しました。

思春期はもちろん、子ども時代は特に傷つきやすいデリケートな心をもっています。子どもの教育にあたる方にはその辺のことを十分承知してほしいものですね。
そのN先生、いますね、そういう人。
人の欠点やミスをあげつらうのは最低です。

それに応じなかった尾上先生はさすがですね。
それに、寝ていると思って…
そういうさりげない心遣いができる方はやはり素敵な方ですね。

それに引き換え、楽しみにしていますと書いておきながら
コメントも残さず…
穴があったら入りたい気分です。


とんでもない、空に穴はないですよ~
 空飛ぶミケ猫さんへ

 見逃していたらと思って、ちょいとお知らせしました。へへへへ。尾上先生を自慢したかったので、是非
空飛ぶミケ猫さんには読んでほしかったのです。コメント催促したみたいで、茶目太は入る穴を探していますが、なかなか大きい穴が見つかりません。むふふふふ



黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。