2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Mさんから届いたはがき
 Mさんからの、ご相談のお電話をお受けしたのが茶目太でした。
ご自分のお子さんのことでではありません。

 不登校等のお子さんたちのよりどころとなっている、ボランティアで
運営されている、ある施設の方です。
                       angelc1-1.gif

 「先行きに不安な思いを抱えているこども」たちの先行きを、本人と
親御さんと同じような気持ちで案じ、お子さんたちのふさわしい居場
所を求めて、YGS高等部にも見学にいらっしゃいました。


 そのとき、Mさんをご案内したのも茶目太でした。生憎授業中で、
ご相談の内容までお伺いできなかったのですが、副校長と話された
あと、校内を案内させていただきました。

 お忙しいなかをいらして下さったお礼を述べる茶目太に、Mさんは
「あなたと電話でお話をさせていただいて、こちらを訪ねてみようと
思ったんですよ。」とさりげなくおっしゃいました。

 それが茶目太にとって、どんなに嬉しい言葉か、ご本人はお気づき
ではないかもしれません。

       angelc1-1.gif  angelc1-1.gif


 初めてのお電話のときに、Mさんの口から在校生の三年男子と、
三月に卒業した女子(神奈川大学法学部入学)の名前が出て現在
の三年男子の様子がホームページでの笑顔から察せられたのでし
ょう、とても喜んでいらっしゃる様子がうかがえました。

 卒業した女子の「現在」の様子もお話しするととても喜ばれていて、
内心茶目太は、Mさんが三年男子と卒業した女子とどういう繋がりが
あるのか分かりませんでしたが、なんとなく、二人がお世話になった
方なんだろうなあと自然に分かる気がしました。

 そうでなくては、二人の「現在」の様子を知って、これほど嬉しそう
にしてくださることはまずあり得ませんでした。



 小規模な学校なので、びっくりされたかなと思いましたが、Mさん
は、ゆっくりと教室を見まわし、「これはいいですねえ。」というような
ことをおっしゃいました。

 教師の目が生徒一人一人に届く距離。私は「毎日、生徒一人一
人の状態が顔を見るだけで何となく分かるようになりました。」と自
然に話し始めていました。

 教員復帰から一年経ち、ようやく落ち着いて、生徒の顔色から、
その日のコンディションが自然に感じられるようになったこと、ここへ
勤めて自分自身にも良かったこと、ここが自分の居場所だと感じて
いた茶目太は、初対面のMさんにそんなことまで話していました。

           angelc1-1.gif angelc1-1.gif



 後日、話に出た三年男子にMさんのことをそれとなく聞いてみま
した。Mさんいわく、「高倉健のような男らしい目」をしていたという
三年男子。

 この三年男子は、茶目太に「この学校でいちばんうるさい先生」
というお墨付きをくれた生徒(笑)。Mさんの名前を出すと、表情が
和らぎ、「お世話になったひと?」という茶目太に、照れたように
「おせわになったというか、めちゃくちゃなった・・・」(笑)

 「今度電話があったりしたら、呼んで下さい。でも俺、携帯に番号
入っているんだっけ・・・。」とも言い残して彼は帰りました。



 Mさんがいらした当日、幸いこの三年男子が居合わせました。
三年男子の大学進学がほぼ決まったという報告を副校長から受け
たMさんは本当にびっくりしていました。

 大変喜んでいると同時に、あの子がこんなに元気に通学していて
そればかりか大学に行こうとしている・・・。

 Mさんの感慨にも似たその思いが茶目太にも伝わって来ました。

    angelc1-1.gif  angelc1-1.gif  angelc1-1.gif




 そのMさんから、今日絵葉書が届いていました。茶目太が先日の
お礼状を出した事に対して律儀にもお返事を下さったのです。

 とても忙しい方なのに、嬉しかったです。ありがとうございました。


 ボランティアで不登校生のために、学校を見学される方もいらっし
ゃるのです。こういうことがわが国では、ボランティアの方に委ねら
れている現状を知り、頭の下がる思いがします。


 YGSの三年男子や卒業した女子の他にどれだけMさんの助けを
借りて「先行き」を見つけた子供たちがいるんだろう。


 その子たちが、この同じ空の下で、三年男子のように、みな元気
でがんばっていることを心から祈りたい気持ちでいっぱいです。


 Mさん、お身体に気をつけてくださいね。また、お会いしたいです。 




茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ



イラスト・天音ゆうさん
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

Mさんの様な方の存在が 本当に うれしいですね。
Mさんに 助けられた 人が どれだけたくさんいることか・・・。

私 こういうお話を 耳にすると いつも 思うのですが
Mさんのような 特別な能力を 持った方の 出現を待つだけでなく
このような 方の ノウハウを 研究して
不登校や 発達障害に 関わる 人たちで
共有できる ところを 探って 伝え合って いけたら
もっともっと 困っている 子ども達や その家族が
前進する 大きな力になるのに・・・と。

でも、現状は いろんなケースあり、 数々の壁ありですよね・・・・^^;

中途半端な コメントになってしまいました・・・^^;

私も Mさん お体大切になさって これからも 困っている子ども達・ご家族に
力を貸して 下さること 祈っていますv-282 


コメントありがとうございます。
 おたふくさんへ

 ほんとうにそうですよね。Mさんのような方々の善意の力に頼っている現状がもどかしいですね。







黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。