2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
息子が急病で入院のため・・・
 ブログの海のイルカさんへの返事コメントに現在の様子等も書きましたの
で、ここにも引用させていただきます。

 ライン2-1

 
 以下は、海のイルカさんからいただいたコメントです。

 コメントありがとうございました。
私自身、長男が不登校になってから“本当に大切なことは何か”を考
え過ごしていました。その中で“学校がすべてではない”と言う考え
に至り、生きていく上で大切なものを育てることに一生懸命でした。

 今、中2となり、進路の中に高校入学というのは一つの選択肢であ
ると思っています。
 いろいろな面を考え、もちろん高校へ行った方がその先の人生に
とって有利であると思っていますが、あくまでも本人の気持ち次第だ
と思っています。
 ただ出来る限りのサポートはしていきたいと思っていますので行く
行かない、受験するしないは別として可能性は残してあげたいとう
思いと、そのためにもいろいろな情報は必要だと思っています。

 またいろいろ聞かせてくださいね。
 ありがとうございました。



 ライン2-1

 
 以下は、私のコメントです。

 息子が急病で入院したため、ブログの更新もコメントのチェックも、
あまり出来ずにいました。返事が遅くて申し訳ありませんでした。
 私にも息子が一人いて、息子は大学に進学しないで、自分の興味
のある職種で高卒後、すぐに働くという道を選びました。
 
 或る人に「息子さんが大学に行かないって言った時どう思った?」
と聞かれました。私はそんな質問がそもそも愚問だと思いましたが、
「自分で考えて希望していることなので “本当に大切なことは何か”
を考えて決めたことだと思うから温かく見守っている」と答えました。
               
               stari15gopu.gif

 私自身がその時思ったことが、そのまま「“学校(大学進学)がすべ
てではない”」と言うものでした。海のイルカさんの思いと全く同じで
す。(高校と大学が違うだけ)
 
 世の中の人の多くは、大多数が選ぶ進路に進むことで安心するよう
ですが、本人が「生きていく上で大切なものを」心に身につけたのなら
子育ては親として成功ではないでしょうか。
 海のイルカさんは、母親として立派にお子さんのことを本当に考えて
いらっしゃルのが分かります。
 
               stari15gopu.gif

 ともすると、外聞や自分の希望が優先し、また子供が楽に生きてい
ける方法を先回りして選ぶ親が多いのです。
 子供の歩く道を親が勝手に作ってはならないし、道案内はしてもいつ
までも手を引いてはならないと思います。
 
               stari15gopu.gif

 私の息子は、マイペースなので現在は自営で自分の目指した仕事を
続けています。なかなか世間は厳しいので仕事の悩みも多く上々の人
生を歩んでいるとはいえないかもしれません。
 
 でも、母親の私が見ている限り、本人は幸せそうです。これが一番大
切なことではないでしょうか。収入が多く、外聞の良い会社に勤めてい
ても、現在の息子より幸せかというと一概には言えないような気がしま
す。
 
               stari15gopu.gif

 ちょうど今、自営がゆえの不規則な生活(インターネット上での服飾販
売をしているため、商品への質問や注文が夜中から明け方にもあるた
め、ついつい昼夜逆転)が原因とも言える、「憩室の炎症」(やや、症状
が虫垂炎に似ている)で入院しています。これに懲りて多少生活を規則
正しくしてくれればと思う母親です。







茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

早く帰りたいじゃ(涙)


当分帰ってくるな!!ばふっ、このばかものっ
 入院してほっとしたよ。昨日救急車で運ばれた時に
そのまま入院していればいいものを。
 一度帰宅してまた今日点滴に行き、また帰ろうとして
タクシーを待っていたら具合が悪くなって入院したんだ
よね。あ~大変だった。わたしゃせいせいしてるけど、
おばあちゃんの元気がないぞよ。やっぱり早く帰って来
るべし!


こんにちは
息子さんの入院……大変でしたね。
↑これはもしかして息子さんとのやりとり?(違ったらゴメンナサイ)
素敵な親子ですね。


やさしいお言葉ありがとうございます。
 入院してくれてほっとしました。病院に置いておけば安心(笑)
お察しの通り、息子とのやりとりです。息子は25歳のおじさんで
すが、おばあちゃん子で、やばいくらいマザコンです。はっはっは
 おまけに彼女が5歳も年上(半年間は6歳年上)ですから。 素敵
な親子というより不気味な親子ですね。むふふふふ。


茶目太さん~!
息子さん、大丈夫かしら!?!?
びっくりしちゃったよ・・・・。
息子さん、ハードスケジュールな毎日だったのですね。
茶目太さん、素敵なお母さんだなぁ~。
さえぼも茶目太さんみたいなお母さんになりたいな。
いつか子供ができたら、茶目太さんのブログでたくさんたくさん
勉強させてもらいます!

早く息子さんが回復されますように、心からお祈りしています。


ビックリしました。息子さん大丈夫ですか?
優しさ溢れる楽しいご家族って感じ(*^^*)

おばあちゃんもご心配ですね。息子さん、お大事に…。


茶目太もびっくり!したよ
さえぼ さま

 ご心配おかけしました。優しいお言葉ありがとうございます。
入院していれば私も安心できるので、昨日は疲れて見舞いに
も行きませんでした(笑)
 もっともマザコンおじさんの息子ゆえ、暇なもんだから来てく
れ~とメールでほざいとりましたが。
 彼女のゆきんぼが仕事が休めなくて見舞いに行けないので
すねていました。昨日の朝は、もと連れの父親が見舞いに行き
帰りに家に寄りました。息子は、まだ寝ていたそうな。
  「さえぼも茶目太さんみたいなお母さんになりたいな。」とのこ
とですが、息子はこんなお母さん二人はいらないと常々言うとり
ますよ。あはははは。ひとりでたくさんだって。
 お騒がせしましたが、二三日の入院で治るらしいです。絶食で
点滴して安静にしているだけ。だいぶメタボなのでこの機会に、
ダイエツトしてくると強がっていました。
 メールはできなかったのですが、相変わらずさえぼっちゃまの
ぬいぐるみ国にはお邪魔して、何度もトンコさんとふみこさんを
見て大笑いしていましたよ。ニューじゃないふみこさんまで遡れ
ました。
 ”おねいさん"さんや、ソファのくぼみに忘れられていた人や、
数え上げたら面白い人がたくさんいて、ずっと見て遊んでいたの
で疲れてメールは省略してしまった。ふみこさんは最高です。
 コメント、ほんとにどうもありがとうございました。嬉しかったよ。


息子は回復に向かっているようです。
HANA 様 

 ご心配おかけしました。私も真っ青な顔して脂汗ですごい
息子の顔を見た時はびっくりしてしまいました。意識は、はっ
きりしていたので救急車を呼んでいいのかどうか迷いましたが
呼んで良かったです。
 結局、朝病院に行き検査や点滴で帰りは三時過ぎていまし
た。無理にとは言わないけれど入院した方がいいと言われた
のにその日は帰宅し、翌日また朝病院に点滴をしてもらいに
行きました。そこでまた帰宅しようとタクシーを待っていたら、
また具合が悪くなり、やっぱり入院することに。
 帰宅から入院に変更になったため、手続きにかえって手間
取り、時間がとてもかかりました。入院した方が望ましいと言
われたら、即入院に限りますね~。
 みよ彦 おばあちゃんと息子は”一卵性ばば子”なので、もう
お互いが具合が悪いと心配で心配で、自分まで元気をなくし
ます。今は何とか元気ですが、さびしくてしょうがない様子。
 今日は仕方ないので、これから午後に病院に息子の顔を見
にいってきます。明日くらいに退院になればよいのですが。
 HANAさん、優しいコメントをありがとうございました。
 宮崎では、すぴちゃんとすぴ兄ちゃんが待ちわびていたでし
ょう。楽しい楽しい夏休みをお過ごしくださいね。
 HANAさんが作っておいて下さった宮崎をブログで私も繰り返
し見て、ああいいところだなあ、いきたいなあと旅愁をかきたて
られました。
 普段は、出不精なのでどこにも行きたくないのですが、最近、
”さえぼ”さんがぬいぐるみさんに旅をさせているのを見て以来、
ちょっと旅に心が動く茶目太です。
 宮崎のお土産話を楽しみにして待っています。今日はほんと
に 嬉しかったです。ありがとうございました。


最新記事へのコメントじゃないいのですが・・・・
息子さん、快復されてきたご様子で なによりですi-179
点滴は 針が刺し辛い人には ほんと憂鬱ですし・・・
私も そのくちなんでよくわかります・・・i-229

> ともすると、外聞や自分の希望が優先し、また子供が楽に生>きてい
>ける方法を先回りして選ぶ親が多いのです。
> 子供の歩く道を親が勝手に作ってはならないし、道案内はし>てもいつ
>までも手を引いてはならないと思います。

きょうは 茶目太さんの この文章が今の私のつぼに
ジャストフィットだったので
ずっと 肝に銘じておきたいと思って
こちらの記事に コメントさせて頂きました。

我が子を 道案内し 幸せな人生に導く事は
親として ごく当たり前で 当然の責任だと
ずっと思っていました。(恥)

でも、子どもが このことを 苦痛だとか 嫌悪だとか
感じ初めているとしたら
親の こんな感情は もう 必要ないのですねえ・・・。

ふくすけには その足元のおぼつかなさから
どうしても 手助けしてしまう感情が湧いて
結局 自分で自分の首をしめているような おたふくでございますi-238

茶目太さん 子育ての先輩として
素敵なことば ありがとうございます v-437


こちらこそ、ありがとうございます!!
 おたふくさんへ

 お陰さまで息子が退院してきてほっとしました。どんなに大きく
なっても自分が育てた子供は子供です。
 偉そうなこと書いたのですが、やはり私自身相当手を差し出し
たと思いますよ。息子が成人したからこそ、言えた言葉かも知れ
ません。
 黙って見守るくらい母親に難しい事はないですから(笑)でも、
手を出さないで、本人の力を信じてあげるのは必要ですよね。
転びそうになったら、いつでも手が出せる状態でいることくらい
神経のいることはないですし、転んでからじゃ遅いような気もす
るけれど、いつかは自力で生きていかねばならないから。
 ほんというと、息子が25歳に成長しても何かと気を揉んでいる
母親です。言葉通りにはいかないです(笑) 
  コメントありがとうございました。


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。