2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
不登校生の進路決定で最も大切なこと《1》
 空飛ぶミケ猫さんに、進路についてご相談を依頼されました。
(詳細は、8/11のコメントをご覧いただければ分かり易いですね。)

 以下は、私がコメントした内容です。生徒さんと親御さんの立場に
なり、何とか現在の自分の考えをまとめました。
 このブログでも、皆さんにご覧いただけたらと思いました。   


ライン7


 はじめまして。空飛ぶミケ猫さんから紹介されました。

 こんばんは。私は横浜市菊名にある不登校発達障害を抱える
生徒たちが学ぶ少人数制の私立高校の国語科担当教師です。

 公立の経験がありませんので、私立の現在勤務する学校の側から
お話させてください。(公立のことは、やはり公立の先生に説明してい
ただくのが一番です。)


ライン7
 

 私の勤める学校は、少人数制ならではなのですが、医療の力を借り
まず『学校に通えるようになる』ことを可能にする学校です。そうできて
こそ、学校生活が始まりますから。

 入学しても、中学に続いて不登校では無意味です。通信制では余程
の根性がない限り挫折する危険も大きいことは子供さん自身も気づい
ています。元気に通って学べる学校に入らないことには意味がありま
せん。


ライン7



 まず「不登校」の状態を改善していく事が大切なのです。私立ですか
ら公立よりは学費が高いのは仕方がないのですが、三年間で普通に
登校できるようになれば安いもの、と考えられれば是非このような学校
をお勧めします。

 不登校発達障害の問題を抱えている生徒さんに普通高校の入学
と同じもの(出席日数であったり、成績であったり)を求めることはあり
ません。うちの学校で例をあげれば、面接と作文で決定します。


ライン7


 中学校の三年間ほぼ不登校であった生徒さんも、通学しています。
不登校の状態を高校にあがってから改善しても決して遅くありません。
メンタル面から支えていくことで、自分で学校に行きたいと思い自発的
に来るようになるので、個人差はありますが来始めたらしめたものです。

 二学年に二十歳の生徒さんが在学しています。私が一年前に勤務し
て以来発熱して一度休んだくらいです。十八歳まで不不登校でした。

 また、昨年十月くらいに登校してきて以来ほぼ普通に通学し学んで
いる三年生もいます。この生徒さんは一年半、臨床心理士であり精神
保健福祉士の校長が生徒さんの自宅に通いました。このように長くか
かることもありますが、来はじめたらもう成長の進度が速いので普通
の生徒と変わりなく見えます。

 最近、中等部に編入予定の生徒さんもいます。ひとりひとり違うケー
スのその生徒さんに一番適した方法で対応することができる学校を見
学するなり、相談されることをお勧めします。


ライン7


 たぶん不登校生は公立の枠に入りきらず、個性を否定されてしまっ
たり足並みを揃えることばかりに目くじらをたて、押さえつけられる感じ
が不快な敏感なお子さんが多いのではないでしょうか。

 横浜市内あるいは通学可能な地区でしたら、是非うちの学校の校長
にご相談ください。まだ初めての訪問でお住まいの地区も分かりません
が。

 ただ、申し上げることができるのは、本当に良い学校はきちんと話を
聞いてひとりひとりに一番良い方法を考えてくれる学校です。相談はど
ちらの学校も無料だと思いますので、とことん(それも早めに)相談して
みてください。


ライン7


 もう、来年度の入学者は決まり始めています。何が一番大切かを考
えるのが先決だと思います。それは、元気に通えて学べる学校に行く
ことです。

 成績は後からついて行きますし、少人数制の学校では進学も出口保
証がしっかりしていて諦めていた大学まで推薦で入学できたりします。
そういう点も含めてご相談してみてください。ではまた。

| 2009-08-12 | 茶目太 #- URL [ 編集 ]


          以上「母は強し!!」(海のイルカさんのブログ)より







茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

いつもポチ逃げばかりで、申し訳ありません。

上のコメント、いるかさんのブログで拝読させて頂きました。
また一つ、温かいブログの和(輪)が広がったのを見て、とても嬉しかったです♪

まだまだ暑い日が続きそうですが、お体ご自愛くたさいm(__)m


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


こちらこそ勉強になりました。
空飛ぶミケ猫 先生へ

 実はまだ、このブログでも、ご相談を受けたことがなかったのです。
自分なりに学校のことや考えをまとめる良い機会になりました。
 ありがとうございました。 


Re: 毎日訪問していただいて、本当に励みになります。
とまとさんへ
 長い文を読んでいただきましてありがとうございました。
 とまとさんが広げる輪(和)はとんでもなく大きく広がるでしょう!!
 うふふふふ。


コメントありがとうございました。
私自身、長男が不登校になってから“本当に大切なことは何か”を考え過ごしていました。
その中で“学校がすべてではない”と言う考えに至り、生きていく上で大切なものを育てることに一生懸命でした。

今、中2となり、進路の中に高校入学というのは一つの選択肢であると思っています。
いろいろな面を考え、もちろん高校へ行った方がその先の人生にとって有利であると思っていますが、あくまでも本人の気持ち次第だと思っています。
ただ出来る限りのサポートはしていきたいと思っていますので
行く行かない、受験するしないは別として可能性は残してあげたいとう思いと、そのためにもいろいろな情報は必要だと思っています。

またいろいろ聞かせてくださいね。
ありがとうございました。


わざわざご訪問ありがとうございました。
 海のいるか 様

 息子が急病で入院したため、ブログの更新もコメントの
チェックもあまり出来ずにいました。返事が遅くで申し訳あ
りませんでした。
 私にも息子が一人いて、息子は大学に進学しないで、自
分の興味のある職種で高卒後、すぐに働くという道を選び
ました。
 或る人に「息子さんが大学に行かないって言った時どう
思った?」と聞かれました。私はそんな質問がそもそも愚問
だと思いましたが、「自分で考えて希望していることなので
“本当に大切なことは何か”を考えて決めたことだと思うから
温かく見守っている」と答えました。
 私自身がその時思ったことが、そのまま「“学校(大学進学)
がすべてではない”」と言うものでした。海のいるかさんの思い
と全く同じです。(高校と大学が違うだけ)
 世の中の人の多くは、大多数が選ぶ進路に進むことで安心
するようですが、本人が「生きていく上で大切なものを」心に
身につけたのなら子育ては親として成功ではないでしょうか。
 海のいるかさんは、母親として立派にお子さんのことを本当
に考えていらっしゃルのが分かります。
 ともすると、外聞や自分の希望が優先し、また子供が楽に
生きていける方法を先回りして選ぶ親が多いのです。
 子供の歩く道を親が勝手に作ってはならないし、道案内はし
てもいつまでも手を引いてはならないと思います。
 私の息子は、マイペースなので現在は自営で自分の目指し
た仕事を続けています。なかなか世間は厳しいので仕事の悩
みも多く上々の人生を歩んでいるとはいえないかもしれません。
 でも、はたで見ている限り、本人は幸せそうです。これがいち
ばん大切なことではないでしょうか。収入が多く、外聞の良い
会社に勤めていても、現在の息子より幸せかというと一概には
言えないような気がします。
 ちょうど今、自営がゆえの不規則な生活(インターネット上で
の服飾販売をしているため、商品への質問や注文が夜中から
明け方にもあるため、ついつい昼夜逆転)が原因とも言える、
「憩室の炎症」(やや、症状が虫垂炎に似ている)で入院してい
ます。これに懲りて多少生活を規則正しくしてくれればと思う
母親です。


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。