2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
③【進路指導研究会】に出席してきました。
 パネルディスカッションでは、大学や専門学校の立場から、読売新
聞社記者の松本さんに反論もありました。

                

 1.ブランドで選んでも良いではないか。(価値観の多様性)

 2.大学は元々就職を準備する所ではない。学究が目的である。

 3.既に学んでいなければならないことを大学で教え直さなけれ
ばならない現実は、高校までの教育に問題がある。

                

 高校までの教育と大学や専門学校へ入学してからの教育に
連携性を持たせなければ、充分な教育ができない現状。

                

          多様化した学生を支援する必要性


高校と大学の連携、専門学校と大学の連携・・・拡大する現場       


   
 茶目太が受験をした三十数年前とはだいぶ事情が違います。
大学が学生を選ぶという前提が、崩れつつあるのかもしれません。
  
 学生自身が自分の目で確かめて自分の行きたい学校を決められる
良い時代とも言えます。

 自分自身、志望校を決める前には二三の大学を見に行きましたが、
見学やオープンキャンパスというところまでいかず、外から場所を確
かめる程度でした。もっと積極的になれば良かったなあ~








茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。