2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
(Ⅵ) 『私の学校を紹介します』
 《少人数制・ 7~8人の意味 》

 「エコ」と「エゴ」、話は逸れましたが、今年は「エゴグラ
ム」に加えて、イラストの登場人物の台詞を、空欄の吹き
だしに、それぞれ思い浮かべて入れてもらうというテスト
も実施しました。

 与えられた場面によって、自分だったらどう反応するか
というテストです。これは受けていて面白そうです。

 ただし、これを一人一人見て判定する校長は、かなり
大変なのではと思いました。

 『エゴグラム』の答えは、それぞれ「はい」「いいえ」「ど
ちらでもない」で答える形式なので、単純に考えても採
点は簡単です。採点くらいは私にも出来ますね。

 でも、それをグラフに現し、その人物の傾向を判断して
対処していくのは素人では無理な話です。


 吹きだしの方(すみません、正式な名前を知りません。
こんど校長に確認してきます)は、一人一人違う答えが
出て当たり前。似た答えはあるでしょうが・・・。

 かなりな作業だと察せられます。何故こんなことをする
のかというと、「不登校」などの心理的な要因を探り出し、
生徒が元気に前向きに登校できるようにとの、YGS独自
の医学的な見地、教育体制の現われだと思います。


 四月に実施された以上のテストをもとにYGSでは、三
年間のプログラムを組み実施するようです。

 これは、茶目太のような国語や家庭科といった普通授
業ではなく、校長が行う授業です。


 グループワークと呼ばれているものが実施されている
ようです。以前に書いた7~8人という人数は、このグル
ープワークにとって必要な人数とのこと。

 7~8人という人数は、『グループ体験を通じて、自己
の対人関係を自覚し、新たな対人行動様式を獲得する』
ために最適な人数であると校長に説明されました。

 YGSのクラスは、この7~8人で組まれています。

 国語などの普通授業でも、普通高校のように、決まっ
た席を設けていません。各自好きなように座っています。

 今年入学した一年は、当初は、だいたい等間隔を空
けてばらばらに座っていました。まだ、特別な変化は
見られませんが、毎日欠席せずに来ている二人が同じ
列に前後して並ぶようになりました。

 二年、三年は、だいたい座る席が決まってきています。
専門家は、場所のとり方ひとつで色々と判るようですが、
茶目太にも、感じられることは少しあります。

YGS高等部ホームページはこちらから







茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ
スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。