2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
心残り②
 YGS高等部の授業は、教科書に頼らぬ各教師に任せたかなり贅沢
な内容です。連携先の通信校のレポートさえ、ほとんど使用しません。

 反対に、辞退した学校の授業は通信校のレポートを中心とした授業
で、仕事としては非常に簡単。事前準備もあまりいりません。同時に
良い点としては、生徒は普通高校とほぼ同じような学習はできます。

 飽きっぼく根が怠惰な茶目太には合っていません。情熱が維持でき
ないから、おざなりになり、自分でもつまらなくなってしまうからです。


ライン


 教師にも自分に合ったスタイルというのがあって当然かもしれませ
ん。一般的な学校の学習スタイルが得意な人、独自のスタイルでやっ
て行かないと毎年毎年あまり変わらない教科書を何度も何度も繰り返
し教えることに耐えられないひと。

 以前普通高校で、茶目太が挫折したのは同じ一年のクラスをいくつ
も教えることに違和感がありました。例えば、A組でした授業をB組C
組で同じようにはできないのです。聞いている生徒には初めての授業
でも、茶目太にとっては、二回目三回目の授業になっていくので、それ
をいつも初めての授業のように新鮮にするには大変だったのです。

 同じ説明の仕方、同じ雑談、同じジョーク・・・ができる人はすごいと
思います。例え、聞いている生徒が変わっても照れませんか、普通。
同じことを平気でできなければ普通高校の先生は失格です。

 茶目太、もろに失格。毎回違う授業にしようとすると続きません。体
力的に無理。週15時間の非常勤でも無理。でした。

  YGS高等部へ来て実感したことですが、少人数制だと一人二人
が欠席しても雰囲気ががらりと違います。予定通りに、授業が運ぶの
は難しく毎日が新鮮。蓋を開けてみないとその日の授業の展開が分
からないところがあります。


ライン



 茶目太が二日で辞退した学校で任された仕事は三つ。一つは普通
の国語の授業。通信校のレポートをなぞっての授業。そして、もう一つ
が、長年の事務職経験を生かせる教務事務の仕事。

 三つ目が、学校に来ることが難しい生徒の家庭訪問をしての授業。

 一番自分が携わりたいと考えていた仕事でした。茶目太の育てた息
子は、勉強はそれほど好きではありませんでしたが、幸せなことに
学校が好きで友達とも楽しく過ごせたようです。

 子供にとって何が一番必要かと言ったら、勉強ではありません。遊び
です。小さいうちにきちんと遊んでおかないとだめになると、茶目太は
信じています。うちの場合、遊ばせ過ぎて少しだめかもしれないけれど。

 自慢ではありませんが、はっきり言って自慢かな。うちの息子には塾
へは行かせていません。本人が行かないと言うので、特別行かせてい
ませんでした。行きたいと言えば行かせたと思いますが。本来、私は
行く必要はないと思います。(お陰で、高校ではバイト三昧。早く働きた
くて、親の貧乏を知ってか、大学には行かず、さっさと働いています。)

 ”高卒”という、この先多少足かせになるかもしれないハンデはつき
ましたが、自分で選んだ道。本人は何の引け目もないようですが、一
応親としては、行っといて損はなかったろうにと思います。でも、お金な
かったしなあ。今もその日暮らしですが(笑)。 まっ、いいか。



天音ゆうさんのイラストをもっとご覧になりたい方はこちらをクリック






茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

茶目太さんは やっぱり ユニークな先生なのですね♪
ご自分の 授業に 変化がないとイヤ・・・とか(笑)

国語大っ嫌いな ふくすけ、 茶目太先生となら頑張って勉強したかも・・・(妄想)

心残りの 生徒さん、 一歩を 踏み出す きっかけを
つかんでいてくれると いいですけど・・・
祈るしかないですね・・・・・v-22


えっ~いたって普通と思っていましたが(笑)
 だって、変化がないと眠くなりますよ。教壇で寝てたら首だし。自分が面白くない授業が生徒に面白いわけがない(笑)
 でも、眠気を誘発する文法の時間に「ね、活用もどうして上一段とか下一段とか名前がついているのか分かると面白いでしょ?ね、ね。」とか得意げに説明しても、同意を求められた生徒は「別に、面白くは、ないです・・・」と青ざめていたりして・・・。(どうして、こんなことで面白がれるのか、このひと・・・)
 自分が面白くても、生徒は殆ど面白がっていない様子なのが玉に瑕。がくっ。厳しい世界です(笑)


茶目太先生のような方と
学生時代に出会いたかったなぁ~

と‥読んでて思いました(笑)
でも‥頭はパープリンなおかんですから(笑)
授業は聞いてないかも‥失礼しました。

また来ます♪


茶目太に教わらなくて正解でした(笑)
 ははははは。時々、間違えて教えているし。(おっとこれは内緒です。)

 茶目太の生徒も右の耳から左に抜けているみたいですから、安心して間違えられるけれど(笑) 
 
 一応、みんな優しい子たちなので、聞いてる?と訊くと、聞いているという顔をしてくれますが・・・。

 うぅっ~優しい生徒に支えられている茶目太でした。(やばい先生です。)


黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。