2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
昨夜は2本映画を見ました。
 『容疑者Xの献身』(原作・東野圭吾)、洋画1本。レンタルビデオ
を息子に頼んでおいたので、早速休みを映画で満喫したわけです。

 本を読んで間もなかったので、より面白く見られました。原作に、
ほぼ忠実な描き方に、やはり原作が良いとこうなるんだなと思いま
した。映画では、より簡潔に話を進めるためか、登場人をできるだ
け少なくし、話も整理されていました。

 邦画は実はあまり好きではない茶目太。特に近年の邦画は、洋
画より落ちるという認識がありました。最近はそうでもないですね。

 見てみるとそれなりに面白い。役者さんも上手だし。

 原作で、外見のよくない「石上」を、堤真一が演じていました。ちょ
っと彼では”良い男”過ぎるのではと思いましたが、彼の演技を見る
と本当に全然かっこよくなくて、普段の堤真一とは思えない冴えな
い男ぶりに内心がっかりしつつ、役者だなあと感心もしました。

 同時にキャスティングの上手さを感じました。

 ああそうか、映画として集客するにはホントに冴えない顔の役者で
は誰も見に来ないしね。なるほど。

 堤真一は、年齢を重ねる度に良い役者になっているなあ。随分前
に、イデオサバンの女性と恋に落ちる記者役でテレビドラマ出演して
いたときの彼の暗さがすごく好きでした。(『ピュア』共演・和久井映見)

 今回の『容疑者Xの献身』では、動機が上手く描けるか否かにかか
っていたと思うのです。

 数学にしか興味がなく、天才といえる能力を持ちながら不遇の人生
を歩んできた冴えない男が、アパートの隣の一室に越してきた美しい
母娘に一筋の光を見た・・・。

 堤真一は、中年にさしかかった、不器用な男の恋を良く表現していま
した。殺人を犯し、自分をストーカーに仕立ててまでも、母娘の幸せを
願ってやまない男を抑えた演技でこなしていました。

 友の犯罪を暴くことになってしまう湯川(福山さん、茶目太は歌手のこ
の人を良く知らないのですが、俳優としての彼はなかなかよいです。)
の淡々とした演技もよかった。

 かくして、茶目太は邦画を見直したのです。

イデオサバン症候群とは








茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。