2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
桜桃忌、忘れていました。
 おはようございます。

 昨夜は、両肩・背中、腰の4箇所に大きなシップを貼り、早めに
(と言っても午前一時を過ぎてしまった)寝たら、もう6時前に目が
覚めてしまいました。

 出勤時間を考えると、まだ一時間は寝ていられるのですが、今ま
た寝てしまうと起きるのが辛いと思い、「えぃっ」と起きました。

 この「えぃっと」まで数分要しましたが・・・。この数分間で、昨夜
見た太宰治生誕100年記念と銘打って再放送されていた(TBS
チャンネル)太宰治のドラマを思い出していました。

 これは偶然、見ていたチャンネルで次の番組で放送されるのを
知り、そのまま付けっ放しにして見たものなので、あまり真剣には
見ていませんでしたが、ところどころは画面に集中してしまいまし
た。妻役の、寺島しのぶも良かったので。

 以前見ているので何となく覚えているシーンもあり、”とよえつ”っ
てかっこいいなあとも。惚れ惚れしてしまいました。

 本当の太宰治より数段かっこよいかも。とはいえ、写真で見た、
太宰治の面影が重なるときもあり、なかなかよくできているドラマ
だなあと再確認。

 さくらんぼうが店に並ぶ頃になると、『桜桃忌』(太宰治の命日)
を思い出す人は多いと思います。太宰を卒論のテーマにした、茶目
太もそのひとり。

 『こどもより、大人が大事と思いたい』、(原文通りか曖昧ですが)、
その一文が『桜桃』のなかの心に響く一文でした。

 「思いたい」のであって、「思う」のではないのです。

 これは、宮沢賢治の「雨にもマケズ」の中の「私はそんなひとにな
りたい」の「たい」と同類の「思い」だと思います。

 若い頃、一応そう解釈はできていたものの、年を重ねて確信に近い
解釈が出来るようになっていました。

 そろそろ出勤の支度をしないと・・・。続きは帰宅後に。 

 





茶目太は、横浜市不登校高等学校教師としてランキングに参加しています!


にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
にほんブログ村
     ここんとこ、ぷすっと押してみてちょ!ふにゃふにゃ

スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

黒ねこ時計
カテゴリ
カウンター
茶目太、幼少の頃

茶目太

Author:茶目太
『のほほん』ブログへ
  ようこそ!
 
 不登校等の問題を抱え
入学してきた、少人数制の高校の生徒たちとの学校生活と 
のほほん私生活。
 失敗ばかりの毎日も、
  笑って過ごせば、
   明日も、元気!
 泣いて笑って、また笑って。
やさしい息子と超天然の母が、                いつも茶目太の味方。
   茶目太と一緒に                    笑っちゃいましょ。

ひよこ
なでなですると、ふにゃ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。